文化・芸術

マネとモダン・パリ

先月新しくオープンした、三菱一号館美術館のマネとモダン・パリを観に行ってきましたhappy01

オルセー美術館に展示されている名作などマネの作品や同時代の作家達の作品、当時のパリの町並の写真などが多数飾られていましたshine

マネの作品は印象派では珍しく黒色を使ったものが多く、個性的でセンスが良いなぁと感じました。

美術館の中庭もイギリス式庭園になっていて、ヨーロッパの雰囲気が漂う素敵な美術館でしたheart04

「ルーヴル美術館展 17世紀ヨーロッパ絵画」

国立西洋美術館で「ルーヴル美術館展☆17世紀ヨーロッパ絵画」が開催されているので、観に行ってきました~happy01

フェルメール、プッサン、クロード・ロランなどルーヴルを代表する画家たちの作品71点が出品されていました。

1作品ずつ行列ができていて、やはり人気があるのだなぁとnote

それにしても懐かしかったですnotes

また3月25日から国立新美術館で、「ルーヴル美術館展 美の宮殿の子どもたち」が開催されるそうですshine

国立新美術館

先日、今年オープンしたばかりの六本木の国立新美術館に2月7日~5月7日まで開催されていたポンピドゥー・センター所蔵作品展「異邦人たちのパリ 1900-2005」を鑑賞してきました。ピカソやモディリアーニ、シャガール、カンディンスキー、レオナール・フジタなど、巨匠達の作品がずらりと並んでいました。パリに留学してた時にも、ポンピドゥー・センターに何度か足を運びましたが、また日本で開催されていたので、せっかくだと思い行ってきました~

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ